コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原郎女 ふじわらの いらつめ

1件 の用語解説(藤原郎女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原郎女 ふじわらの-いらつめ

?-? 奈良時代の女性。
新都の恭仁京(くにきょう)で奈良にのこしてきた妻大伴坂上大嬢(おおともの-さかのうえのおおいらつめ)をしのぶ大伴家持(やかもち)(718-785)の歌に和してよんだ1首が「万葉集」にある。鹿持(かもち)雅澄「万葉集古義」は,藤原麻呂と大伴坂上郎女の子(坂上大嬢の異父姉)とするが,根拠は不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原郎女の関連キーワード恭仁京紫香楽宮恭仁宮大伴書持大宅女草嬢境部老麻呂土形娘子文部黒麻呂巨勢奈氐麻呂

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone