コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原郎女 ふじわらの いらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原郎女 ふじわらの-いらつめ

?-? 奈良時代の女性。
新都の恭仁京(くにきょう)で奈良にのこしてきた妻大伴坂上大嬢(おおともの-さかのうえのおおいらつめ)をしのぶ大伴家持(やかもち)(718-785)の歌に和してよんだ1首が「万葉集」にある。鹿持(かもち)雅澄「万葉集古義」は,藤原麻呂大伴坂上郎女の子(坂上大嬢の異父姉)とするが,根拠は不明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原郎女の関連キーワード奈良時代新都

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原郎女の関連情報