コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万葉集古義 マンヨウシュウコギ

3件 の用語解説(万葉集古義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まんようしゅうこぎ〔マンエフシフコギ〕【万葉集古義】

江戸後期の万葉集の注釈書。141冊。鹿持雅澄(かもちまさずみ)著。文政10年(1827)ごろ成立、天保13年(1842)ごろまで加筆。万葉集本文の解釈を中心に、枕詞・人名・地名・歌格・語法など各方面の研究を集大成したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まんようしゅうこぎ【万葉集古義】

注釈書。鹿持雅澄(かもちまさずみ)の著。1844年(弘化1)ころまでに成る。総論4冊,本文注釈95冊など計141冊。明治維新ののち宮内省版として刊行される。雅澄は近世における万葉研究家の最後に位置しており,契沖以来の万葉学の成果をほぼ集大成している。雅澄の万葉研究の目的は,上古のありかたをうかがうことであり,雅澄が《万葉集》に見いだしたものは,〈皇神の道義(みち)〉と〈言霊の風雅(みやび)〉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まんようしゅうこぎ【万葉集古義】

万葉集の注釈書。一四一冊。鹿持雅澄著。1828年頃成立。以後改訂を加え、40年頃完成。万葉集本文の解釈を中心に、枕詞や人物伝など従来の研究を集大成したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万葉集古義の関連キーワード鹿持雅澄鹿持菊子下元西洲徳永千規福岡孝茂別府安宣松本弘蔭丸岡莞爾宮地常磐宮地益躬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone