藤崎惣介(読み)ふじさき そうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤崎惣介 ふじさき-そうすけ

?-? 幕末-明治時代の武士,陶業家。
長門(ながと)(山口県)清末藩士。慶応2年(1866)藩主毛利元純(もとずみ)の命で京都から陶工をよびよせ,小月(おづき)村に窯をひらいて日用品の製造をはじめた。維新後,工場をうけついで,改良をかさね事業を拡張。製品を星里焼(せいりやき)という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android