藩撰地誌(読み)はんせんちし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸時代にが撰述した地誌書。文化7 (1810) 年以来,昌平坂学問所地誌局が中心となって進めた幕府官撰地誌が相次いで著わされ,その頃から各藩も幕命を受け,あるいは自主的に領域内の地誌を編集した。『紀伊続風土記』 97巻をはじめ,『新編会津風土記』『白河風土記』『尾張誌』『福山志料』『西條志』『南路志』『駿国雑誌』『甲斐国志』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android