地誌(読み)ちし(英語表記)regional geography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地誌
ちし
regional geography

地域地理学ともいう。地表の特定地域に関する地理学的研究をいい,一般 (系統) 地理学とともに地理学の二大部門を構成する。その歴史は古く,古代地中海世界を記述したヘカタイオス (前 550~475頃) が地誌の祖といわれる。一般的な法則,通則をもつ自然,人文諸事象は,地域によって現れ方を異にしている。地誌は,他の地域との比較において一般性を追求するとともに,一方では地域的特性を浮彫りにしようとする。もともと地誌は chorographyの訳語で,地域的特性を記述する記述科学の性格が強かった。現在ではそれを説明科学の域に高めるため,regional geographyの語がもっぱら用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちし【地誌】

近代地理学においては,ある地域の特殊研究のモノグラフを地誌とし,地誌学の発達をみたが,広義の地誌はある地域の地理的現象,風俗,習慣などを記した書であり,その歴史は古い。地誌は人類が残した歴史的記録であり,今日のわれわれが諸地域,諸民族の歴史をたぐるとき,貴重な情報を与えてくれる。地誌を最も意識的にかつ体系だてて記録してきたのは中国であるが,独自な展開をみせたそれらは地方志と概称される。〈地方志〉の項目に詳説されているので参照されたい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちし【地誌】

ある特定の地域の地理的特質についての研究。また、それを記した書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地誌
ちし

地理学は場所的関係を基本とした、世界の諸地域に関する科学であるが、これを、それぞれの事象ごとに分析的に取り扱う一般地理学と、地域に即して総合的に取り扱う地誌あるいは地誌学の二大部門に区分される。ギリシア・ローマ時代の古代地理学においても、前者を代表するものとしてはプトレマイオスの地理書があり、後者を代表するものはストラボンの地理書である。ストラボンの地理書は、当時、ヨーロッパ人に知られていた世界の諸地域について、歴史や風俗・習慣までも含めて記述されている。わが国でも古くは奈良時代の風土記(ふどき)に始まり、江戸時代には諸藩によって多くの地誌書が編纂(へんさん)された。しかし近代地理学としての地誌学は19世紀に比較地理学を提唱したドイツのリッターに始まり、フランスのドマンジョンやドイツのヘットナーなどによって体系化された。フランスではドゥ・ラ・ブラーシュ、ドイツではクルーテ編纂の膨大な世界地誌書などが刊行されている。現在の地誌学が近代以前の地誌と根本的に異なるのは、地域をもって、そこに分布する自然・人文の諸現象が因果関係によって相互に関連する統一体であるとみなし、それを総合的に把握して、地域性を究明することを目的としているところにある。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐し【地誌】

〘名〙
① ある地域の自然・社会・文化などの地理的現象を記述してその地域の特色を示したもの。日本では古代の風土記が最古のもので、郷土誌・府県誌・市誌などがある。
※随筆・文会雑記(1782)三「清朝の文先これよりほか見る所なしと、又広輿記、地志にて人によくとりまわしたるものなり、と元献云へり」 〔欧陽脩‐菱渓大石詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地誌の言及

【地方史】より

…個人によるものにも《駿国雑志》《斐太後風土記》《雍州府志(ようしゆうふし)》《豊前志》などがある。地誌的要素が強いが,なかには古文書を記載しているものもあれば,習俗,方言を採録しているものもある。特定の地域を対象にしたものでは,《御府内備考》や《日光山志》など数多く著されている。…

※「地誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地誌の関連情報