コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊続風土記 きいぞくふどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀伊続風土記
きいぞくふどき

江戸時代後期,幕府の命令により和歌山藩編纂した紀伊国地誌。 97巻,付録 95巻。編纂主任は仁井田好古。天保 10 (1839) 年完成。江戸時代の地誌の代表的なものの一つ。国立公文書館その他に伝わり,1910~11年刊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きいぞくふどき【紀伊続風土記】

紀伊国の地誌。文化3年(1806)、江戸幕府の命により、紀州藩が藩内学者に編ませたもの。儒学者、仁井田好古を主任とし、仁井田長群・本居内遠加納諸平などが編纂(へんさん)に携わり、天保10年(1839)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

紀伊続風土記【きいぞくふどき】

和歌山藩が編纂した紀伊国の地誌。〈きいしょくふどき〉とも。195巻。1806年,幕命により和歌山藩が儒臣仁井田好古(にいだこうこ)を総裁として編纂に着手,1839年に完成した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きいぞくふどき【紀伊続風土記】

和歌山藩が編纂した紀伊国の地誌。〈きいしょくふどき〉ともいう。仁井田好古を総裁とし,仁井田長群,本居内遠,加納諸平らが協力し,1839年(天保10)完成。97巻,付録17巻および高野山の部81巻からなり,計195巻。1806年(文化3)より編纂に着手し,3年後に紀北4郡の調査を終えたが,その後長い中断があり,31年再開し,8年後に完成。藩領諸村の地誌を詳細に記述するほか,高野山とその寺領にも多くの紙数をあて,付録として古文書を収録するなど,近世の数ある地誌のうちでも白眉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀伊続風土記
きいぞくふどき

幕末の紀伊藩の地誌。本編97巻、付録は古文書と神社が17巻、高野山(こうやさん)60巻、総分方21巻、聖方からなる。1806年(文化3)に幕府の命を受け、紀伊藩は儒者仁井田好古(にいだこうこ)を編纂(へんさん)主任に任命して編纂を始め、一時中断後1839年(天保10)に仁井田が序文を書いている。各郡の総論に続いて、古郷名、村名、田畑総数などをあげ、ついで各荘(しょう)名ごとに当時のすべての村々の村高、戸数、沿革、旧家などに至るまで編述している。[安藤精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紀伊続風土記の言及

【加納諸平】より

…18歳のとき紀州和歌山の医師加納伊竹の養子となる。本居大平に国学を学び,和歌山藩の藩命を受けて《紀伊続風土記》《紀伊国名所図会》の編集にあたり,のち藩に国学所が開設されるやその総裁となった。歌論の考究にも努め,晩年は〈万葉英風の道〉を目ざした。…

※「紀伊続風土記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

紀伊続風土記の関連キーワード赤木城跡及び田平子峠刑場跡川湯温泉(和歌山県)熊野(紀伊半島)佐野(和歌山)仁井田南陽印南(町)マテバシイ太地(町)小原桃洞本居大平山本東籬山本楽所徳川治宝青身大根藩撰地誌淡島信仰地方史風土記

紀伊続風土記の関連情報