コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆笛岩 ろてきがん

1件 の用語解説(蘆笛岩の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ろてきがん【蘆笛岩】

中国の広西チワン族自治区桂林(けいりん)(コイリン)の桃花江河畔にある、巨大な鍾乳洞。桂林最大の鍾乳洞で、1959年、周辺に住む農民によって発見された。全長約2kmにわたって奇怪な形をした石灰岩が原始林のように林立し、それぞれ「水晶宮」、「雄獅送客」などと名づけられている。地下には、約500mの見学コースがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘆笛岩の関連キーワード荊州広西壮族自治区西江華南彝族広西チワン族広西チワン族自治区チワン族(壮族)霊渠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘆笛岩の関連情報