コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始林 ゲンシリン

大辞林 第三版の解説

げんしりん【原始林】

人の手の加わっていない自然のままの森林。原生林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の原始林の言及

【原生林】より

…厳密にはまったく天然のままで,人類の手が加えられたことのない森林をいい,原始林ともいう。人口の増加や社会の変化とともに人間の森林への干渉が増大し,厳密な意味での原生林はしだいに消滅しつつある。…

【植物群落】より

… 自然状態で安定な植物群落を極相という。湿潤な日本の極相は森林であり,昔から手つかずで残されてきた極相の森林を原生林(原始林),雑木林のように人手が加わってできた森林を二次林,造林された林を人工林という。森林の国日本において原生林に近い天然林は少なくなり,とくに照葉樹林は社寺林程度しか残されていない。…

※「原始林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

原始林の関連キーワードM. コンスタンチン・ヴェイエール奈良県吉野郡川上村神之谷北海道北広島市西の里葛城山(大阪・奈良)奈良県奈良市春日野町奈良県吉野郡川上村南富良野[町]金剛山(日本)特別天然記念物野幌森林公園北海道登別市春日山原始林日高[町]中山 周三嘉穂[町]下川[町]那智原始林須玉[町]朝日[町]鹿王の宴

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原始林の関連情報