原始林(読み)げんしりん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 伐採など人為が加わったり火災が及んだりしていない森林。狭義には、極相に達してながく変化しない森林をさすが、日本には無い。原生林。原林。
※熊の出る開墾地(1929)〈佐左木俊郎〉「高原地帯の開墾場から奥暗い原始林の中へ消えて行った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の原始林の言及

【原生林】より

…厳密にはまったく天然のままで,人類の手が加えられたことのない森林をいい,原始林ともいう。人口の増加や社会の変化とともに人間の森林への干渉が増大し,厳密な意味での原生林はしだいに消滅しつつある。…

【植物群落】より

… 自然状態で安定な植物群落を極相という。湿潤な日本の極相は森林であり,昔から手つかずで残されてきた極相の森林を原生林(原始林),雑木林のように人手が加わってできた森林を二次林,造林された林を人工林という。森林の国日本において原生林に近い天然林は少なくなり,とくに照葉樹林は社寺林程度しか残されていない。…

※「原始林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原始林の関連情報