コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我堅塩媛 そがの きたしひめ

2件 の用語解説(蘇我堅塩媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我堅塩媛 そがの-きたしひめ

?-? 6世紀中ごろの欽明(きんめい)天皇の妃。
蘇我稲目(いなめ)の娘。蘇我小姉君(おあねのきみ)の姉。欽明天皇2年(541)妃となる。橘豊日尊(たちばなのとよひのみこと)(用明天皇),豊御食炊屋姫(とよみけかしきやひめ)(推古天皇)ら7男6女を生んだ。「古事記」では岐多斯比売。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我堅塩媛

生年:生没年不詳
6世紀後半,欽明天皇の妃。蘇我稲目の娘。妃となって用明・推古天皇ら7男6女を生む。皇太夫人,岐(支)多斯比売とも。推古20(612)年,改めて夫欽明天皇の檜隈坂合陵に合葬された。改葬の日,軽の術(橿原市大軽)において壮大に誄の儀式が行われ,霊にささげられた。同28年には葺石などで陵が飾りつけられている。この檜隈坂合陵は,従来は高市郡明日香村平田の梅山古墳に比定されていたが,昨今は,橿原市の巨大な見瀬丸山古墳に比定する説が有力である。内部には日本最大規模の横穴式石室があり,ふたつの石棺が収められている。古い棺は手前脇に押しやられていて,新しい棺が奥の正面に安置されている。この新しい棺が堅塩媛のものと推定されており,改葬の様子がうかがい知られる。推古天皇が父より母を重視したことの表れであろう。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇我堅塩媛の関連キーワード穴穂部皇子蘇我稲目丸山古墳石寸名小石姫皇女意富芸多志比売春日皇子葛城皇子蘇我小姉君

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone