コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用明天皇 ようめいてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用明天皇
ようめいてんのう

[生]?
[没]用明2(587).4.9.
第 31代の天皇 (在位 585~587) 。欽明天皇の第4皇子。母は蘇我稲目の娘堅塩 (きたし) 媛。名,橘豊日尊 (たちばなのとよひのみこと) 。大和磐余池辺雙槻宮 (いわれいけのべのなみつきのみや) に都した。穴穂部間人 (はしひと) 皇女を立てて皇后とし,聖徳太子をもうけた。在位は2年で短く,仏教問題で大連物部守屋,大臣蘇我馬子の対立が激しくなっていった。陵墓大阪府南河内郡太子町の河内磯長原陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

用明天皇【ようめいてんのう】

《日本書紀》にみえる天皇。和風諡号(しごう)は橘豊日(たちばなのとよひ)天皇,欽明天皇の第4子,母は堅塩(きたし)媛,宮は池辺双槻(いけべのなみつき)宮,陵墓は磐余池上(いわれのいけのえ)陵(のちに河内科長(しなが)陵に改葬)。
→関連項目穴穂部皇子磐余磯長谷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

用明天皇 ようめいてんのう

?-587 記・紀系譜による第31代天皇。在位585-587。
欽明(きんめい)天皇の第4皇子。母は蘇我堅塩媛(そがの-きたしひめ)。聖徳太子の父。仏法を信じ,神道を尊んだ。病にかかった折,三宝に帰依(きえ)したいと群臣にはなしたことが,大臣(おおおみ)蘇我馬子(そがの-うまこ)と大連(おおむらじ)物部守屋(もののべの-もりや)との対立を助長した。用明天皇2年4月9日死去。墓所は河内磯長原陵(かわちのしながのはらのみささぎ)(大阪府太子町)。別名は大兄(おおえの)皇子,橘豊日天皇(たちばなのとよひのすめらみこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

用明天皇

没年:用明2.4.9(587.5.21)
生年:生年不詳
6世紀の天皇。欽明天皇と堅塩媛の子。橘豊日尊,大兄皇子,池辺皇子(天皇)とも称する。聖徳太子(厩戸皇子)はその子。推古天皇の同母兄。池辺双槻宮(桜井市)に居住。この宮の南の上殿に厩戸皇子を住まわせ上宮 と称した。欽明天皇の娘で異母妹の穴穂部間人皇女を皇后とした。王族内で,はじめて仏教の受容を宣言した仏教信者だが短命であった。当初は磐余池上陵に葬られたが,推古1(593)年に河内磯長原陵へ改葬された。大阪府太子町春日にある春日向山古墳に比定される。『古事記』は没日を4月15日としている。

(仁藤敦史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようめいてんのう【用明天皇】

?‐587
第31代に数えられる天皇。在位585‐587年。欽明天皇の第4皇子,母は蘇我稲目の娘堅塩媛。大兄皇子といい,同母兄敏達天皇の死によって585年9月,磐余池辺双槻宮に即位。異母妹穴穂部間人皇女を皇后に立て,大臣蘇我馬子,大連物部守屋の補佐を受けたが,両氏の抗争の中で587年4月に没した。橘豊日天皇と諡(おくりな)し,大阪府南河内郡の河内磯長原陵に葬る。法隆寺金銅薬師如来像光背銘に,病の天皇が薬師像と寺を造ろうとして成らず,推古天皇と聖徳太子が受けついだことが記されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようめいてんのう【用明天皇】

?~587) 記紀で、第三一代天皇(在位585~587)。橘豊日尊たちばなのとよひのみことの漢風諡号しごう。欽明天皇第四皇子。聖徳太子の父。天皇の仏教受容をめぐって、物部守屋と蘇我馬子が対立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用明天皇
ようめいてんのう
(?―587)

第31代とされる天皇(在位585~587)。和風諡号(しごう)は橘豊日(たちばなとよひ)天皇。欽明(きんめい)天皇の第四皇子。母は蘇我堅塩媛(そがのきたしひめ)で、その第1子。厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)の父である。敏達(びだつ)天皇のあと池辺双槻宮(いけべなみつきのみや)で即位し、大臣は蘇我馬子(うまこ)、大連(おおむらじ)は物部守屋(もののべのもりや)。また、葛城(かずらき)広子との間に生まれた酢香手姫(すかてひめ)皇女を伊勢斎王(いせさいおう)とした。異母弟の穴穂部(あなほべ)皇子(母は蘇我小姉君(おあねのきみ))は、この天皇の即位に不満であったらしく、なにかと物部守屋と結んで蘇我馬子と対立し、政局の混迷を深めた。この対立は、587年(用明天皇2)2月、病を得た天皇が仏教信仰の是非を問うたことから極度に高まり、そのなかで天皇は死んだ。その直後に馬子は守屋とその支持勢力を討ち滅ぼした。陵墓は、大阪府南河内(かわち)郡の磯長原(しながはら)陵。[門脇二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

用明天皇の関連キーワード切り解く・切解く・斬り解く・斬解く下ろし薬・堕ろし薬意富芸多志比売心気を燃やす菅生石部神社御座り申すとでもない佐伯丹経手臘嘴鳥皇子大高山神社愛くろし当麻皇子懇ろ切る春日皇子宅部皇子手池の魚おかさま伊呂波船血の余り手子の衆

用明天皇の関連情報