コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我法提郎媛 そがの ほほてのいらつめ

2件 の用語解説(蘇我法提郎媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我法提郎媛 そがの-ほほてのいらつめ

?-? 飛鳥(あすか)時代,舒明(じょめい)天皇の夫人(ぶにん)。
蘇我馬子(うまこ)の娘。舒明天皇2年(630)夫人となり,古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子を生んだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我法提郎媛

生年:生没年不詳
7世紀前半,舒明天皇の夫人(皇后・妃の次の位)。蘇我馬子の娘。古人大兄皇子を生む。蘇我氏は権勢を背景にして古人大兄皇子を皇位に就けようとし,そのため山背大兄王を滅ぼしている。法提郎媛蘇我蝦夷の姉妹の中でも特に蝦夷と親密な兄妹関係にあったものと思われ,蘇我氏の権勢を背景に隠然たる力を振るえる立場にあったが,『日本書紀』の記事はわずかである。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇我法提郎媛の関連キーワード飛鳥岡本宮大刀自皇太夫人夫人六宮青海夫人勾子糠手姫皇女広媛(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone