コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我法提郎媛 そがの ほほてのいらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我法提郎媛 そがの-ほほてのいらつめ

?-? 飛鳥(あすか)時代,舒明(じょめい)天皇の夫人(ぶにん)。
蘇我馬子(うまこ)の娘。舒明天皇2年(630)夫人となり,古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子を生んだ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我法提郎媛

生年:生没年不詳
7世紀前半,舒明天皇の夫人(皇后・妃の次の位)。蘇我馬子の娘。古人大兄皇子を生む。蘇我氏は権勢を背景にして古人大兄皇子を皇位に就けようとし,そのため山背大兄王を滅ぼしている。法提郎媛は蘇我蝦夷の姉妹の中でも特に蝦夷と親密な兄妹関係にあったものと思われ,蘇我氏の権勢を背景に隠然たる力を振るえる立場にあったが,『日本書紀』の記事はわずかである。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android