コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我馬子 そがのうまこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇我馬子
そがのうまこ

[生]?
[没]推古34(626).5.20. 大和
古代の中央豪族。稲目の子。蝦夷 (えみし) の父。敏達天皇のとき大臣となり,大連 (おおむらじ) 物部守屋朝政をとった。崇仏の可否をめぐって守屋らと対立し,諸皇子,諸臣を味方に引入れて,用明2 (587) 年排仏派を殺し,朝廷における地位を確立した。その後,自身の擁立した崇峻天皇を殺して推古天皇を立て,聖徳太子とともに朝政をとった。推古4 (596) 年法興寺を建立して子の徳善を寺司とした。また太子とともに『天皇記』『国記』などを録した。家が飛鳥川のほとりにあり庭中の小池に小島があったことから島大臣 (しまのおおおみ) ともいわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蘇我馬子【そがのうまこ】

蘇我稲目(いなめ)の子。稲目に次いで大臣(おおおみ)となり,587年聖徳太子とともに排仏派の物部守屋(もののべのもりや)を滅ぼした。以後勢力を振るい,592年には崇峻(すしゅん)天皇を暗殺。
→関連項目飛鳥寺穴穂部皇子石舞台古墳大臣先代旧事本紀蘇我氏蘇我赤兄蘇我石川麻呂蘇我蝦夷天皇記山背大兄王用明天皇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我馬子 そがの-うまこ

?-626 6-7世紀前半の豪族。
蘇我稲目の子。敏達(びだつ)天皇のときに大臣(おおおみ)となる。仏教興隆をはかり,用明天皇2年(587)反対派の物部守屋(もののべの-もりや)と穴穂部(あなほべの)皇子をほろぼし,崇峻(すしゅん)天皇をたてる。崇峻天皇5年(592)東漢駒(やまとのあやの-こま)に崇峻天皇を暗殺させ,姪(めい)にあたる推古天皇を即位させ,厩戸(うまやどの)皇子(聖徳太子)を皇太子とした。法興寺(飛鳥(あすか)寺)を造営。聖徳太子と協調して政治をおこない,「天皇記」「国記」を編修させた。推古天皇34年5月20日死去。墓所は奈良県明日香村の桃原墓。通称は嶋(島)大臣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我馬子

没年:推古34.5.20(626.6.19)
生年:生年不詳
敏達・用明・崇峻・推古朝の大臣。馬古,汗麻古,有明子とも書く。稲目の子。蝦夷,善徳,河上娘,刀自古郎女,法提郎女らの父。敏達1(572)年,天皇即位に伴い大臣に任命され,同3年には白猪屯倉(岡山県落合町)の戸籍整備に努力した。用明朝には物部守屋が穴穂部皇子を擁立しようとするのに対抗して,豊御食炊屋姫(のちの推古天皇)を奉じ,穴穂部皇子を殺させた。さらに,用明の没後には物部氏と戦い,河内国の渋川の家(八尾市)で守屋ら物部一族を滅ぼし,崇峻天皇をたてて独裁的な権力を握った。崇峻5(592)年には天皇が馬子を嫌っているのを知り,東漢直駒に命じて暗殺させた。その後,豊御食炊屋姫を擁立し推古天皇として即位させ,自身は引き続き大臣となり,「天皇記」「国記」の編纂を議するなど,厩戸皇子(聖徳太子)と共に共同執政を行った。この間,娘の刀自古郎女を厩戸皇子の,法提郎女を田村皇子(のちの舒明天皇)のそれぞれ妃とし,王族との血縁関係を強化した。推古31(623)年には新羅征討軍の派遣を強行したところ,新羅貢調使の来日と行き違いとなり出兵を後悔したという。翌年,天皇に葛城県は自身の本拠であるから賜って封県としたいと願ったが許されなかった。武略と弁才を有し,三宝を恭敬したといい,飛鳥川の傍らの家では,庭中に小島を設けたので,時の人は嶋の大臣と称したという。仏教の受容にも熱心で,敏達13年には百済からもたらされた石仏像を請い,宅の東に仏殿を建てて安置し,高句麗僧恵便を師として善信尼など3人の女性を出家させた。翌年には大野丘の北に塔を建て仏舎利を収めたという。崇峻朝には善信尼を百済に派遣して戒律を学ばせる一方,飛鳥衣縫造の祖の家を壊して法興寺(飛鳥寺)の造営に着手,僧侶を止住させたり,仏像を造らせるなどして推古朝に完成させた。病に際しては,男女1000人を出家させたとも伝える。桃原墓に埋葬されたとあり,奈良県明日香村島之庄にある石舞台古墳に比定される。

(仁藤敦史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そがのうまこ【蘇我馬子】

?‐626(推古34)
飛鳥時代の大臣(おおおみ)。蘇我稲目の子,毛人(蝦夷)の父。名は馬古,汙麻古,有明子とも記され,嶋大臣とよばれた。敏達朝に大臣となり,このあと用明,崇峻,推古といずれも蘇我系の天皇をたて,つづけてその大臣をつとめた。就任の当初から大連(おおむらじ)物部守屋らの勢力と対立したが,その反対をおしきって,570年(欽明31)に北陸に来着した高句麗使を572年(敏達1)に朝廷に迎え入れ,高句麗外交を開始した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そがのうまこ【蘇我馬子】

?~626) 敏達・用明・崇峻・推古四朝の大臣。蘇我稲目の子。対立する排仏派の物部守屋を滅ぼし、崇峻天皇を殺害。法興寺を造立して仏教興隆に尽力、「天皇記」「国記」の編纂にも従事した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇我馬子
そがのうまこ
(?―626)

大和(やまと)国家、飛鳥(あすか)時代の大臣。蘇我臣稲目(おみいなめ)の子。毛人(えみし)(蝦夷)の父。馬古、汗麻古、有明子とも記され、嶋大臣(しまのおおおみ)と称された。敏達(びだつ)・用明(ようめい)・崇峻(すしゅん)・推古(すいこ)朝の大臣で、父稲目の達成を受け継ぎ推し進めて蘇我氏の繁栄の頂点にたった。娘の刀自古郎女(とじこのいらつめ)を聖徳太子の妃に、法提(ほて)郎女を舒明(じょめい)天皇の夫人にたてた。大臣として最初の手腕を発揮したのは、高句麗(こうくり)外交の開始である。すなわち、570年(欽明天皇31)に北陸に来着した高句麗使を、572年(敏達天皇1)に朝廷に迎え、高句麗外交を始めた。しかし、これには大連物部守屋(おおむらじもののべのもりや)ら百済(くだら)外交のみに固執する勢力の反対が強く、これにかねてからの仏教受容問題や皇位継承問題も加わって、ついに587年(用明天皇2)、馬子は物部・中臣(なかとみ)氏らを討滅した。この年に没した用明天皇も、次の崇峻天皇も、馬子が擁立した蘇我系天皇であったが、崇峻天皇と意見が対立し始めると、馬子は東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に命じてこれを暗殺させた。
 このあと馬子は、592年(崇峻天皇5)から着工した飛鳥寺(法興寺)の造営を進めて完成させ、仏教興隆の方針を進めた。605年(推古天皇13)から厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)の上宮王家が斑鳩(いかるが)宮に移ってのちも、馬子は飛鳥にあって政治を主導した。この間、新羅(しらぎ)遠征軍の派遣計画は失敗したが、二度にわたる遣隋(けんずい)使の派遣もあり、外交の必要からも難波(なにわ)津を重視した。晩年には、厩戸皇子と諮って『天皇記』『国記』、諸氏の本記を編纂(へんさん)させた。馬子を葬った飛鳥の桃原墓は、いわゆる石舞台古墳であるとされている。[門脇二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蘇我馬子の言及

【石舞台古墳】より

…なお,古墳築造の際,小古墳群が破壊されている。626年に死んだ蘇我馬子の桃原墓にあてる説があるが,蓋然性が高い。【猪熊 兼勝】。…

【冠位十二階】より

…従来,豪族たちは大和朝廷において氏ごとに一定の職務を世襲し,その政治的特権の表象として特定の冠を襲用してきたが,これは,それとは別に個人を対象とし,昇進の原則をもつ新しい冠位制度であった。制定者は推古朝の皇太子聖徳太子と考えてよいが,時の大臣蘇我馬子の関与も十分考えられる。冠名は徳を初めに置き,以下に仁・礼・信・義・智の五常の徳目をとり,おのおのを大・小に分けて12階とし,各階に相当の色を定めたが,その具体的な内容は不明。…

【国記】より

…聖徳太子が蘇我馬子とともに編集したという歴史書。《日本書紀》の推古28年(620)条に〈天皇記及国記,臣・連・伴造・国造・百八十部幷公民等本記を録す〉とある。…

【嶋宮】より

…嶋宮の池には,中島があり,荒磯も造られ,石(いわ)ツツジなども植え込まれていた。この嶋宮は,蘇我馬子が飛鳥川の辺に営んだ家に由来する。馬子の死去を記す推古紀34年(626)5月条によれば,馬子の家の庭中には,小池が掘られ,池中には島が起こされていて,その様は嶋宮に酷似している。…

※「蘇我馬子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘇我馬子の関連キーワード蘇我倉山田石川麻呂飛鳥衣縫樹葉古人大兄皇子蘇我法提郎媛佐伯丹経手竹田皇子阿倍摩侶宅部皇子麻奈文奴春日皇子司馬達等朝風文将石川精舎野中寺えみし旧事紀漆部兄膳傾子慧灯

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘇我馬子の関連情報