コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫の合方 ムシノアイカタ

デジタル大辞泉の解説

むし‐の‐あいかた〔‐あひかた〕【虫の合方】

歌舞伎下座音楽の一。の声をうつした本調子の三味線曲。静かな秋の夜や寂しい野原の情景を表すときに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むしのあいかた【虫の合方】

歌舞伎の下座音楽の一。大鼓・小鼓・松虫・オルゴールを交えた三味線曲で、世話狂言のさびしい情景を表す。「塩原多助」の庚申塚こうしんづかの場や「忍ぶの惣太」の梅若殺しの場など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

虫の合方の関連キーワード四季の山姥オルゴール世話狂言塩原多助秋の色種秋色種松虫合方大鼓小鼓

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android