虱紐(読み)シラミヒモ

デジタル大辞泉の解説

しらみ‐ひも【××紐】

江戸芝金杉通3丁目の鍋屋源兵衛の店で売り出したシラミよけのひも。布のひもに薬を塗ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しらみ‐ひも【虱紐】

〘名〙 江戸芝金杉通三丁目の鍋屋源兵衛や日本橋小伝馬町幸手屋(さってや)茂兵衛の発売したしらみよけのひも。布のひもに薬を塗り、腹のあたりに結んだという。鍋屋紐(なべやひも)
※洒落本・彙䡄本紀(1784)「当世流行するものは何々ぞ〈略〉画艸帋洒落本。虱紐(シラミヒモ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android