コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当世 トウセイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐せい〔タウ‐〕【当世】

今の世の中。いまどき。現代。「その柄は当世のはやりではない」
当世風」の略。
「同じ貰うなら矢張鞍馬の娘を貰った方が―だぜ」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせい【当世】

今の世。現代。いまどき。 「 -流行の風俗」
「当世風」の略。 「洋灯ランプばかりが-に光つてゐる/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当世の関連キーワードじゃじゃ張る小褄を取る引っこ抜き売り代なす具足帷子行く立て当世向き当世模様触散らすかみずる御蚕包め接ぎ接ぎ玉に使う貧に迫る押付の板小遣い銭当世流子供気具足櫃藤行李

当世の関連情報