コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虺竜文 キリュウモン

世界大百科事典 第2版の解説

きりゅうもん【虺竜文 huǐ lóng wén】

中国の殷・周時代の青銅器に飾られた文様の一つ。虺とは足も角もない小型の蛇状のもので,乙文形虺竜文とか蚕文(さんもん)ともいわれ,身が屈曲し,頭が前方に下がり,尾が後方に上がる文様は殷時代末期から西周時代初期の青銅器に飾られる。西周時代中期以後のものは側面形が主となり,長鼻のものは西周時代後期から春秋時代にみられ,舌を出したものは春秋時代のものである。このほか,両眼が正面を向き,身体に鱗を表現したもの,2匹の虺を左右対称に表したものがあり,地文には雷文を施したものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きりゅうもん【虺竜文】

中国、殷周いんしゆう時代の青銅器に用いられた文様。向き合った一対の蛇を並べるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

虺竜文の関連キーワード中国銅器一対

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android