コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光定量法

栄養・生化学辞典の解説

蛍光定量法

 物質のもつ蛍光特性を利用して物質を定量すること.物質を,蛍光を発する誘導体にして観察する方法もある.例えば,ルミフラビン蛍光法によるビタミンB2の定量や,o-フタルアルデヒドやフルオレサミンと反応させて誘導体にしてアミノ酸を定量する方法などがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

蛍光定量法の関連キーワード蛍光測定蛍光分析

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android