コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光定量法

1件 の用語解説(蛍光定量法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

蛍光定量法

 物質のもつ蛍光特性を利用して物質を定量すること.物質を,蛍光を発する誘導体にして観察する方法もある.例えば,ルミフラビン蛍光法によるビタミンB2の定量や,o-フタルアルデヒドやフルオレサミンと反応させて誘導体にしてアミノ酸を定量する方法などがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛍光定量法の関連キーワード回収率酸化還元滴定蛍光分析生物検定イムノアッセイ蛍光測定コンウェイ微量拡散法純タンパク質赤外分光メンブレンリアクター

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone