コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂谷宗玄 はちや そうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂谷宗玄 はちや-そうげん

1939- 昭和後期-平成時代の香道家。
昭和14年12月5日生まれ。志野流19代蜂谷宗由の長男。父とともに献香式を各地で復活。昭和62年20代家元をつぐ。研究会「松隠会」を再発足させ,会誌「松隠」を創刊。志野流香道は名古屋市無形文化財に指定されている。愛知県出身。愛知大卒。本名は貞卿(さだあき)。号は幽光斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蜂谷宗玄の関連キーワード昭和

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android