コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝴蝶 こちょう

世界大百科事典 第2版の解説

こちょう【蝴蝶】

山田美妙の短編小説。1889年(明治22)1月《国民之友》掲載。平家の壇ノ浦没落時に取材した歴史物で,平家方の女房蝴蝶と若侍二郎とのあいだにくりひろげられる悲劇の物語である。二郎が源氏方の密偵であり安徳帝の所在を密告しようとしていることを知った蝴蝶の驚きと絶望,そして彼を殺害するにいたる彼女の苦悩と決断,さらにそれが帝の死によって無効となってしまう運命の悲劇が,当時としては新奇な口語文体で装飾的につづられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蝴蝶の関連キーワードターリー(大理)市ヴィック チョウ山田 美妙渡辺 省亭文学研究会大理(市)籾山 梓月曲亭馬琴中国映画張 作驥小説月報関漢卿粘葉装仙遊胡蝶樹法衛慧

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android