国民之友(読み)こくみんのとも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民之友
こくみんのとも

民友社発行の雑誌。1887年2月創刊,1898年8月,第372号で廃刊。『新日本之青年』(1887)で一躍評論家の雄となった徳富蘇峰が始めた進歩的評論誌。初め月刊であったが月 2回,3回,週刊となり,ときの藩閥政府(→藩閥政治)の干渉政策に対抗,自由と平等の実現を期する急進的平民主義の立場をとった。同誌中の「藻塩草」欄は文芸欄で,森鴎外尾崎紅葉幸田露伴坪内逍遙森田思軒二葉亭四迷山田美妙徳冨蘆花宮崎湖処子国木田独歩ら明治20年代(1887~96)の文学者を網羅し,文壇への登竜門の役割も果たした。ほかに「特別寄書」欄や「史論」欄などがあり,矢野龍渓尾崎行雄植村正久中江兆民田口卯吉大西祝内村鑑三新渡戸稲造福地源一郎山路愛山竹越与三郎らが寄稿した。社会性の強い雑誌であったが,日清戦争後は蘇峰が国家主義に傾いたため不振に陥った。鴎外の訳詩『於母影』(1889),小説『舞姫』(1890),北村透谷の『宿魂鏡』(1893),川上眉山の『うらおもて』(1895),内田魯庵の評論『現代文学』(1891),山路愛山の評論『頼襄を論ず』(1893)などの問題作が誌上に発表された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国民之友【こくみんのとも】

1887年徳富蘇峰が創刊した民友社の機関誌。平民主義をうたった当時最も進歩的な評論誌で,総合雑誌の先駆となった。中江兆民田口卯吉島田三郎内村鑑三坪内逍遥北村透谷らが寄稿し,政治・経済・社会・文学の各分野で多彩な論調を展開,社会主義の紹介にも努めた。日清戦争以後,徳富は次第に国家主義的傾向を強めたため,誌勢も衰え1898年廃刊。
→関連項目内田魯庵酒井雄三郎徳冨蘆花中西梅花舞姫宮崎湖処子山路愛山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんのとも【国民之友】

徳富蘇峰によって設立された民友社から,蘇峰みずから主筆となって1887年(明治20)に発刊された総合雑誌。誌名はアメリカの《ネーション》誌からとられた。表紙には誌名とともに,〈THE NATION’S FRIEND〉〈政治社会経済及文学之評論〉が刷り込まれている。誌面構成は,社説に当たる〈国民之友〉欄,外部の寄稿による〈特別寄書〉欄,〈時事評論〉欄,文学論の場である〈藻塩草(もしおぐさ)〉欄,〈雑録〉などからなり,蘇峰は主として〈国民之友〉欄で平民主義を主張した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくみんのとも【国民之友】

評論雑誌。徳富蘇峰の民友社が1887年(明治20)創刊、98年廃刊。平民主義を掲げて急速な成長をとげたが、蘇峰が国権主義に転身するに及び衰退した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民之友
こくみんのとも

1887年(明治20)2月、民友社を設立した徳富猪一郎(いいちろう)(徳富蘇峰(そほう))が創刊した総合雑誌。誌名は蘇峰が愛読していたアメリカの『ネーション』誌からとった。表紙には「THE NATION'S FRIEND」「政治社会経済及文学之評論」とあった。その標榜(ひょうぼう)するところは「人民全体ノ幸福ト利益」を主張する平民主義にあり、明治維新、自由民権の激動期を経た明治20年代の言論・思想界に大きな影響を与えた。日清(にっしん)戦争後、蘇峰が国家主義者に転向したため、民友社の刊行物は読者に支持されず、98年『国民新聞』に併合されて廃刊した。執筆陣には内村鑑三(かんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、横山源之助、田口卯吉(うきち)、中江兆民(ちょうみん)ら一流の知識人が動員され、二葉亭四迷(ふたばていしめい)、山田美妙(びみょう)、森鴎外(おうがい)、山路愛山(やまじあいざん)らの文学論、創作、詩、史論に関しても近代文学史上に大きな足跡を残した。[京谷秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国民之友の言及

【国民新聞】より

…1890年2月1日,徳富蘇峰によって創刊された日刊新聞。雑誌《国民之友》を発行し,大成功をおさめていた蘇峰が〈新聞其物をして社会の生活と一致合体せしむる〉を基本方針として発刊した。創刊当初は政治,経済,文化等のさまざまな分野を報道・論評する生新な新聞として人気を博した。…

【総合雑誌】より

…第2次大戦中の雑誌統制で,用紙割当てと編集内容の規制を行ったさいに,〈総合雑誌〉の類別がなされたことが始まりである。 徳富蘇峰が1887年に創刊した《国民之友》は,彼が青年期に主唱した平民主義の論説や民友社同人らの評論とともに,二葉亭四迷などの小説を掲載して,総合雑誌の基本的なスタイルを確立した。博文館の《太陽》(1895)もその形式にならったが,これをいっそう大胆に発展させたのが大正時代の《中央公論》と《改造》とであった。…

【徳富蘇峰】より

…この間,東京や高知に旅行し板垣退助,中江兆民,田口卯吉らの知遇をえる。86年《将来之日本》を出版して一躍文名を高め,一家を挙げて上京し,翌87年2月民友社を創立し《国民之友》を発刊する。平民的欧化主義を旗印としたこの雑誌は,政治・経済・社会から宗教・文芸にわたる多面的で新鮮な編集によって異常な人気を呼んだ。…

※「国民之友」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android