苦悩(読み)くのう

精選版 日本国語大辞典 「苦悩」の意味・読み・例文・類語

く‐のう ‥ナウ【苦悩】

〘名〙 物事を解決しようとして、あれこれ苦しみなやむこと。なやみ。
※枕(10C終)七四「あなわびし、煩悩(ぼんなう)くなうかな。夜は夜中になりぬらむかし」 〔法華経‐信解品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「苦悩」の意味・読み・例文・類語

く‐のう〔‐ナウ〕【苦悩】

[名](スル)あれこれ苦しみ悩むこと。「苦悩の色が濃い」
[類語]悩み苦悶苦渋煩悶難儀悩む苦しむわずらもだえる思い煩う思い迷う思い乱れる懊悩おうのうする憂悶ゆうもんする苦慮する頭を痛める頭を悩ます思い詰める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「苦悩」の読み・字形・画数・意味

【苦悩】くのう

なやむ。

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android