コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田美妙 やまだびみょう

9件 の用語解説(山田美妙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田美妙
やまだびみょう

[生]慶応4(1868).7.8. 江戸
[没]1910.10.24. 東京
小説家。本名,武太郎。 1885年大学予備門 (のちの第一高等学校) 在学中,尾崎紅葉らと硯友社を組織,言文一致運動の先駆となった『武蔵野』 (1887) を含む短編集『夏木立』 (88) で一躍天才作家の名をほしいままにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまだ‐びみょう〔‐ビメウ〕【山田美妙】

[1868~1910]小説家・詩人・評論家。東京の生まれ。本名、武太郎。尾崎紅葉らと硯友社を結成し、「我楽多文庫(がらくたぶんこ)」を編集。小説「武蔵野」「胡蝶」「夏木立」などにより、言文一致体の先駆者となった。他に「平清盛」「日本韻文論」「日本大辞書」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山田美妙【やまだびみょう】

明治期の小説家,詩人。本名武太郎。別号,樵耕蛙船(しょうこうあせん)。東京生れ。大学予備門中退。尾崎紅葉らと硯友社を結成して《我楽多文庫》を発行。《夏木立》(1888年)によって,二葉亭四迷とともに最初の言文一致体小説の実践者として知られる。
→関連項目川上眉山硯友社新小説団団珍聞都の花

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田美妙 やまだ-びみょう

1868-1910 明治時代の小説家,詩人。
慶応4年7月8日生まれ。尾崎紅葉らと硯友(けんゆう)社をおこし,機関誌「我楽多(がらくた)文庫」を発行。言文一致体による創作をこころみ,「武蔵野」「夏木立」「蝴蝶(こちょう)」などを発表。新体詩,戯曲,評論でも活躍し,「日本大辞書」「大辞典」を編集した。明治43年10月24日死去。43歳。江戸出身。東京大学予備門中退。本名は武太郎。別号に美妙斎。
【格言など】偉い人は種を蒔く,実は食わぬ(歴史小説「平清盛」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山田美妙

没年:明治43.10.24(1910)
生年:明治1.7.8(1868.8.25)
明治時代の小説家,詩人,評論家。本名武太郎。別号 樵耕蛙船,美妙斎,美妙子,飛影など。元南部藩士吉雄の子。江戸神田生まれ。島根県警部長となった父とは別居し,母よしと義祖母のもとで育つ。一高中退。大学予備門在学中の明治18(1885)年,尾崎紅葉らと硯友社を興し,機関誌『我楽多文庫』を創刊,「嘲戒小説天狗」(1886~87)で言文一致体を試みる。20年帝大文科大学への入学に失敗して文学への志を固め,婦人雑誌『いらつめ』を発行。21年「夏木立」で文壇での地位を確立,『都の花』主幹となり硯友社を離れる。『胡蝶』(1889)は渡辺省亭の裸体の挿絵とともに評判を呼び,また日本韻文論論争を行い『日本大辞書』(1892~93)を刊行するが,女性作家田沢稲舟との離婚後,稲舟の死をめぐる稲舟事件(1896)によって世間から排斥され,文壇を去る。<著作>『美妙選集』<参考文献>「山田美妙」(近代文学研究叢書11巻),山本正秀『近代文体発生の史的研究』

(佐伯順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

山田美妙

1868〜1910(明治元年〜明治43年)【小説家・評論家】「です」体の創始者。 言文一致運動で、新しい日本語表現の可能性に挑戦した。明治期の小説家・詩人・評論家。東京都神田出身。本名武太郎。大学予備門在学中に尾崎紅葉らと硯友社を設立。1886年(明治19)「嘲戒小説天狗」などで言文一致新体詩運動の先駆者となる。1887年歴史小説「武蔵野」など好評だったが、紅葉と袂を分かつなど文壇から次第に孤立した。また、新しい日本語の韻律を研究した「日本韻文論」やアクセント表記を付けた「日本大辞書」などを著わした。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまだびみょう【山田美妙】

1868‐1910(明治1‐43)
明治期の文学改良家,小説家,詩人。東京生れ。本名武太郎。別号は樵耕蛙船(しようこうあせん),飛影,美妙斎など。1885年大学予備門在学中に尾崎紅葉,石橋思案丸岡九華らと硯友社を結成,機関誌《我楽多(がらくた)文庫》に馬琴調の文体でアルフレッド大王伝を《竪琴草紙》としてつづった。しかし坪内逍遥の《小説神髄》の影響を受けるや,ただちに文学改良主義者に変身,言文一致論や韻律論(《日本韻文論》)を展開し,文学改良に情熱的に取り組んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまだびみょう【山田美妙】

1868~1910) 小説家・詩人・評論家。東京、神田生まれ。本名は武太郎。硯友社を興し言文一致を提唱、「武蔵野」「蝴蝶」を発表し文壇の雄となる。「都の花」の編集、新体詩・戯曲・評論・辞書編纂など多彩な仕事を残した。代表作「花車」「平清盛」「日本大辞書」。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田美妙
やまだびみょう
(1868―1910)

小説家、詩人、評論家。本名武太郎。東京生まれ。大学予備門中退。1885年(明治18)尾崎紅葉(こうよう)とともに硯友社(けんゆうしゃ)を結成し、『我楽多(がらくた)文庫』に小説を書き始めた。坪内逍遙(しょうよう)に影響され、あらゆるジャンルに文学改良を試みた。とくに言文一致の理論と実践や『日本韻文論』(1890~91)などの詩論に鋭い才能を示した。『以良都女(いらつめ)』や『都の花』などの編集にも力量を示したが、あまりに多方面に活躍しすぎたため、才能を放散する結果となり、小説家として成熟することなく終わった。晩年に至るまで執筆は続けたが、初期の『武蔵野(むさしの)』(1887)と『蝴蝶(こちょう)』(1889)以外みるべき作品は少ない。ほかに一貫してことばに関心を抱き、各種の辞書を編纂(へんさん)している。[山田有策]
『塩田良平著『山田美妙研究』(1938・人文書院) ▽『明治文学全集23 山田美妙・石橋忍月・高瀬文淵集』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山田美妙の言及

【硯友社】より

…明治中期の文学結社。1885年(明治18)2月,東京大学予備門在学中の尾崎紅葉,山田美妙(びみよう),石橋思案(1867‐1927)らが高等商業生徒の丸岡九華(きゆうか)らをかたらい創立した。同年5月から機関誌《我楽多(がらくた)文庫》を創刊,小説,漢詩,戯文,狂歌,川柳,都々逸(どどいつ)など,さまざまな作品を載せた。…

【蝴蝶】より

山田美妙の短編小説。1889年(明治22)1月《国民之友》掲載。…

【辞書】より

…これが近代的体裁をそなえた国語辞書として最初のものである。山田美妙の《日本大辞書》(1892)はアクセントを注記した最初のものであり,この後,落合直文《ことばのいづみ》(1898),金沢庄三郎《辞林》(1907),上田万年・松井簡治《大日本国語辞典》(1915‐28),金沢庄三郎《広辞林》(1925),大槻文彦《大言海》(1932‐37),新村出《辞苑(じえん)》(1935),平凡社編《大辞典》(1934‐36),金田一京助《明解国語辞典》(1943),新村出《言林》(1949),金田一京助《辞海》(1952),新村出《広辞苑》(1955),日本大辞典刊行会編《日本国語大辞典》20巻(1972‐76)など,数多くの辞書があるが,この中で《大日本国語辞典》と《大言海》とは,語釈や古典の用例などが詳密であり,《大辞典》は固有名詞を含むのが特色である。 特殊辞書では,類義語を集めた志田義秀・佐伯常麿《日本類語大辞典》(1909),広田栄太郎・鈴木棠三《類語辞典》(1955),方言では東条操《全国方言辞典》(1951)および《標準語引分類方言辞典》(1954),外来語を集めた上田万年・高楠順次郎・白鳥庫吉・村上直次郎・金沢庄三郎《日本外来語辞典》(1915),荒川惣兵衛《外来語辞典》(1941),アクセントを示した神保格・常深千里《国語発音アクセント辞典》(1932),日本放送協会編《日本語アクセント辞典》(1943),漢字の故事熟語を集めた簡野道明《故事成語大辞典》(1907),池田四郎次郎《故事熟語大辞典》(1913),隠語を集めた楳垣実《隠語辞典》(1956)などがある。…

【日本韻文論】より

山田美妙の詩論。1890年(明治23)10月から翌91年1月まで《国民之友》に計8回掲載。…

※「山田美妙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山田美妙の関連キーワード伊藤銀月田口掬汀伊藤整後藤宙外幸堂得知浅見淵石川喬司渋川驍中島孤島土方鉄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田美妙の関連情報