コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹江大愚哉 かにえ だいぐさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蟹江大愚哉 かにえ-だいぐさい

1829-1886 幕末の武士。
文政12年7月生まれ。越中富山藩士。安政4年(1857)江戸詰めとなり,のち若年寄准席にすすむ。戊辰(ぼしん)戦争では藩を指導して新政府軍側にたたせる。明治2年藩の執政となり,ついで大参事に任じられた。明治19年10月11日死去。58歳。名は基徳。号は長爪。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蟹江大愚哉の関連キーワードナンバースクールピウス8世ユゴー岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグギリシャ独立戦争エンデオズーフ土岐貞範

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android