コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血流依存性血管拡張反応 ケツリュウイソンセイケッカンカクチョウハンノウ

デジタル大辞泉の解説

けつりゅういそんせい‐けっかんかくちょうはんのう〔ケツリウイソンセイケツクワンクワクチヤウハンオウ〕【血流依存性血管拡張反応】

血流の増加に伴って血管が拡張すること。止血後に血流を再開すると、血管内皮細胞が刺激され、血管拡張物質である一酸化窒素を放出し、血管が拡張する。動脈硬化の検査に用いられる。FMD(flow-mediated dilation)。→FMD検査

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

血流依存性血管拡張反応の関連キーワード血流依存性血管拡張反応検査

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android