血流依存性血管拡張反応(読み)ケツリュウイソンセイケッカンカクチョウハンノウ

デジタル大辞泉の解説

けつりゅういそんせい‐けっかんかくちょうはんのう〔ケツリウイソンセイケツクワンクワクチヤウハンオウ〕【血流依存性血管拡張反応】

血流の増加に伴って血管が拡張すること。止血後に血流を再開すると、血管内皮細胞が刺激され、血管拡張物質である一酸化窒素を放出し、血管が拡張する。動脈硬化の検査に用いられる。FMD(flow-mediated dilation)。→FMD検査

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android