血流(読み)けつりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「血流」の解説

血流
けつりゅう

血管内における血液の流れをいう。動脈では、心臓の収縮期に、血液に対して高い圧力が加わり血流がおこるが、拡張期には大動脈弁が閉じているので、圧力は低下する。しかし、拡張期中においても血流が末梢(まっしょう)へ向かって進むのは、動脈壁の弾力によって押されるからである。したがって、動脈では血圧や血流は拍動しているが、毛細血管になると拍動はほとんどなくなり、連続した流れとなる。静脈も同様に連続した流れである。血流の速さは、大動脈で毎秒約50センチメートル、毛細血管で毎秒約0.5ミリメートル、大静脈で毎秒約25センチメートル程度である。毛細血管の血流が遅いのは、分枝が多く、総断面積が著しく大きいからである。心拍出量は安静時に毎分約5リットルで、全身を循環するのに要する時間は50~60秒である。

[真島英信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「血流」の解説

ち‐ながし【血流】

〘名〙 刀剣のに刻みこんだ細長い溝。(ひ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「血流」の解説

けつりゅう【血流 blood flow】

循環系における血液の移動をいう。血流は,動脈,毛細血管,静脈など血管の種類によって特徴的な様式を示す。その第1は,心室の収縮期のみに血液は大動脈へ拍出され,拡張期には拍出されないため大動脈および分配動脈内は著しい拍動流(1心拍内に流量流速が周期的に変わる)となるが,細動脈,毛細血管,細静脈へと移行するにしたがい定常流(流量と流速が一定)に近づくことである。このような変化は血管が剛体ではなく伸展性を有しているためで,とくに大動脈壁の弾性と細動脈の血流抵抗によって起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「血流」の解説

【血流】けつりゆう(りう)

血が川のように流れる。〔書、武成〕)其の)をゐること(ごと)く、牧野に會す。我が師にすることる罔(な)し。(ほこ)を倒(さかしま)にし、後ろを攻め以て北(に)ぐ。血れて(しよ)()を漂はす。

字通「血」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android