コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管造影検査 けっかんぞうえいけんさ

百科事典マイペディアの解説

血管造影検査【けっかんぞうえいけんさ】

血管内にヨードを含有する造影剤を注入し,X線撮影で血管自体の病的変化や病変の性質や広がりの変化,あるいは時間的観察による機能的な変化などから診断する検査法。現在,カテーテルを用いて造影剤を注入する方法が一般的に行われているが,コンピューター画像による方法が開発され,比較的容易に検査が行われるようになっている。
→関連項目腎癌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

血管造影検査の関連キーワード大動脈炎症候群(高安動脈炎/脈なし病)ベーチェット病膵(臓)がんモヤモヤ病肝細胞がん小腸がん

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管造影検査の関連情報