コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管造影検査 けっかんぞうえいけんさ

百科事典マイペディアの解説

血管造影検査【けっかんぞうえいけんさ】

血管内にヨードを含有する造影剤を注入し,X線撮影で血管自体の病的変化や病変の性質や広がりの変化,あるいは時間的観察による機能的な変化などから診断する検査法。現在,カテーテルを用いて造影剤を注入する方法が一般的に行われているが,コンピューター画像による方法が開発され,比較的容易に検査が行われるようになっている。
→関連項目腎癌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

血管造影検査の関連キーワード大動脈炎症候群(高安動脈炎/脈なし病)ベーチェット病膵(臓)がんモヤモヤ病肝細胞がん小腸がん

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管造影検査の関連情報