コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎癌 じんがん

2件 の用語解説(腎癌の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

腎癌【じんがん】

腎臓にできる(がん)で,比較的高齢者に多く,男性は女性の2〜3倍の発生率がある。1997年の腎癌による死亡者は3520人。 血尿,腎臓の痛み,腹部腫瘤(しゅりゅう)が三大症状だが,ほとんどの場合,このどれか一部の症状が現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんがん【腎癌 renal cancer】

腎臓の尿細管上皮細胞から発生する悪性腫瘍で,副腎腫hypernephroma,あるいはこれを記載したドイツ病理学者グラウィッツPaul Grawitz(1850‐1930)にちなんでグラウィッツ腫瘍Grawitz’s tumorなどと呼ばれたが,最近は腎癌と呼ばれている。高齢の男性に多く,血尿,側腹部腫瘤,疼痛が古くから本症の三大主徴とされている。腫瘍は握りこぶしくらいのものから子どもの頭くらいの大きさに及ぶものまであり,血管に富んだ腫瘍からの出血による血尿,腫瘍の圧迫による腰痛や側腹部痛が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone