コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆院選挙区画定審議会

1件 の用語解説(衆院選挙区画定審議会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

衆院選挙区画定審議会

法律に基づく内閣府の組織で、大学教授や弁護士らが委員を務める。「一票の格差」が2倍以上にならないように、国勢調査の結果をもとに10年ごとに新しい区割り案を決める。今回は2010年の国勢調査の結果を踏まえ、2月25日までに首相に勧告しなければならない。09年衆院選は最大2.30倍の格差が生じ、最高裁から「違憲状態」と指摘された。審議会の設置法は各都道府県にまず1議席を割りあてる「1人別枠方式」も定めているが、最高裁はこれも違憲状態と指摘。「違憲状態を解消せずに勧告しても意味がない」(総務省選挙課)ため、与野党が選挙制度の改革案で合意するまで、事実上勧告できない状態が続く。

(2012-02-23 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衆院選挙区画定審議会の関連キーワード国家行政組織法損害賠償独立命令法治ORT特命担当大臣内閣府令特別法人膨張組織合名・合資会社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衆院選挙区画定審議会の関連情報