コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行き合ひの空 ユキアイノソラ

デジタル大辞泉の解説

ゆきあい‐の‐そら〔ゆきあひ‐〕【行き合ひの空】

夏から秋へと移り変わるころの空。
「夏衣片(かた)へ凉しくなりぬなり夜や更(ふ)けぬらん―」〈新古今・夏〉
牽牛(けんぎゅう)星織女星が出会う七夕の空。
「万代(よろづよ)に君ぞ見るべき七夕の―を雲の上にて」〈金葉・秋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきあいのそら【行き合ひの空】

夏の末、秋の初め頃の空。 「夏衣かたへ涼しくなりぬなり夜やふけぬらむ-/新古今

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android