行き合ひの空(読み)ユキアイノソラ

デジタル大辞泉の解説

ゆきあい‐の‐そら〔ゆきあひ‐〕【行き合ひの空】

夏から秋へと移り変わるころの空。
「夏衣片(かた)へ凉しくなりぬなり夜や更(ふ)けぬらん―」〈新古今・夏〉
牽牛(けんぎゅう)星織女星が出会う七夕の空。
「万代(よろづよ)に君ぞ見るべき七夕の―を雲の上にて」〈金葉・秋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきあいのそら【行き合ひの空】

夏の末、秋の初め頃の空。 「夏衣かたへ涼しくなりぬなり夜やふけぬらむ-/新古今

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android