牽牛星(読み)けんぎゅうせい

精選版 日本国語大辞典の解説

けんぎゅう‐せい ケンギウ‥【牽牛星】

わし座の首星アルタイルの漢名。白色の一等星で、銀河をへだてて、琴座の中の織女星と相対する。伝説に、毎年旧暦七月七日の夕、牽牛は天の河を渡って愛する織女に会うという。近くのβ(ベータ)星、γ(ガンマ)星とともに三星を総称していうこともある。ひこぼし。いぬかい星。けんぎゅう。河鼓(かわつづみ)。牛郎。牛漢。
浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)上「七夕 牽牛星(ケンギウセイ) 男ぼし」 〔古詩十九首〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の牽牛星の言及

【牽牛・織女】より

…この2神は,後には七夕(たなばた)の行事と結びついた恋愛譚の主人公となる。牽牛星と織女星とが並んで歌われる例はすでに《詩経》小雅・大東篇にみえるが,その背後にいかなる伝承があったのかはうかがいがたい。漢代の〈古詩十九首〉にも牽牛星と織女とが歌われ,当時すでに両者の間に恋愛と離別の物語があったことが知られる。…

※「牽牛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android