コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金葉和歌集 きんようわかしゅう

6件 の用語解説(金葉和歌集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金葉和歌集
きんようわかしゅう

平安時代後期の第5勅撰和歌集。書名は「すぐれた和歌の集」の意。白河院の命により源俊頼 (としより) 撰。最初天治1 (1124) 年末に撰進したが,新味が乏しいと却下され,翌年4月に奏上したが当世的にすぎると再び返され,改訂を重ねて大治1 (26) 年頃奏覧,ようやく受理された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんようわかしゅう〔キンエフワカシフ〕【金葉和歌集】

平安後期の勅撰和歌集八代集の第五。10巻。白河法皇の命で、源俊頼(みなもとのとしより)が撰。二度の改撰ののち、大治2年(1127)成立。源俊頼源経信藤原顕季ら227人の歌約650首を収める。金葉集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金葉和歌集【きんようわかしゅう】

平安後期,5番目の勅撰和歌集。10巻。約700首。1124年の白河院の院宣により源俊頼が撰進。初度本,二度本とも却下され,三奏本を奏上した。流布本は二度本。書名,巻数,部立(ぶだて)とも従来の勅撰集の型を破り,巻末に連歌の部も設けてある。
→関連項目八代集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんようわかしゅう【金葉和歌集】

平安末期の歌集。勅撰和歌集の第5番目。源俊頼撰。10巻。白河院の院宣をうけ,1124年(天治1)初度本を奏覧したが却下。次いで翌年の二度本も返却,26年(大治1)の末から27年の初めころに三奏本を奏覧し,嘉納された。二度本が流布する。《八代集全註》には,3種とも翻刻。名称,巻数とも勅撰集の伝統を破り,内容的にも新奇な表現が目立って,保守派側からの非難を浴びた。俊頼や父経信,顕季らの清新な歌が多い。【上条 彰次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんようわかしゅう【金葉和歌集】

第五番目の勅撰和歌集。一〇巻。白河法皇下命、源俊頼撰。八代集の一。歌数約七〇〇首。初度本・二度本・三奏本がある。三奏本は1127年成立。連歌を収めるなど、従来の勅撰集とは異なり、歌風は叙景歌に特色がある。金葉集。金葉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金葉和歌集
きんようわかしゅう

平安朝第5番目の勅撰(ちょくせん)和歌集。撰集下命者は白河院(しらかわいん)、撰者は源俊頼(としより)。1124年(天治1)に最初の草稿を奏覧に入れたが、新味がないと返却され、次に翌年4月に改撰して奏上したが、今度は現代歌人に偏りすぎるという理由で受納されず、三度目に三代集歌人を復活させた草稿を呈したところ、そのまま嘉納(かのう)された。1126年(大治1)のことである。それぞれ初度本、第二度本、三奏本とよぶ。初度本は上巻のみ伝存。定本のはずの三奏本は撰者の手元になく、第二度本がもっぱら流布した。後続の勅撰集も三奏本を私撰集扱いしている。従来の勅撰集と違って巻数も半分の10巻に仕立て、書名も優れた和歌の集の意味で「金葉集」と名づけ、新機軸を出した。二度本は白河院政期の当代歌人が多く、清新な自然観照や、新奇な表現が目だち、また当時流行した万葉好みの田園趣味も反映、総じて時代の新風が息づいているが、反面、技巧と諧謔(かいぎゃく)に流れ、叙情の品位が劣るのは否めない。[近藤潤一]
『正宗敦夫著『金葉和歌集講義』(1968・自治日報社) ▽平沢五郎著『金葉和歌集の研究』(1976・笠間書院) ▽和歌文学会編『和歌文学講座4 万葉集と勅撰和歌集』(1970・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金葉和歌集の関連キーワード詞花和歌集十三代集勅撰和歌集二十一代集和歌所私撰和歌集十代集続後撰和歌集新後撰和歌集新撰和歌集

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone