コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行く水の ユクミズノ

デジタル大辞泉の解説

ゆくみず‐の〔ゆくみづ‐〕【行く水の】

[枕]水の流れ去るさまから、「過ぐ」「とどめかぬ」にかかる。
「―過ぎにし妹(いも)が形見とそ来(こ)し」〈・一七九七〉
「玉藻なすなびきこい伏し―留(とど)めかねつと」〈・四二一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆくみずの【行く水の】

( 枕詞 )
流れ行く川の水のさまから、「過ぐ」「絶ゆることなし」などにかかる。 「 -過ぎにし妹が形見とそ来し/万葉集 1797」 「 -絶ゆることなく/万葉集 4002

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行く水のの関連キーワード明けし・清けし柿本人麻呂木の葉隠る雪消・雪解木の下隠る玉藻なす斎宮女御明けし吉野川万葉集片貝川過ぐ枕詞岩本溢る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android