コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行動的環境 こうどうてきかんきょうbehavioural environment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行動的環境
こうどうてきかんきょう
behavioural environment

K.コフカの用語。人や動物は客観的環境もしくは物理的,地理的環境に対して行動しているのではなく,認知した主観的環境に対して行動している。そういう意味で行動を規定している環境を行動的または心理的環境という。したがって,この行動的環境は客観的環境とは異なり,動物の種やその欲求認知の相違によって異なってくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone