行動的環境(読み)こうどうてきかんきょう(英語表記)behavioural environment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行動的環境
こうどうてきかんきょう
behavioural environment

K.コフカの用語。人や動物は客観的環境もしくは物理的,地理的環境に対して行動しているのではなく,認知した主観的環境に対して行動している。そういう意味で行動を規定している環境を行動的または心理的環境という。したがって,この行動的環境は客観的環境とは異なり,動物の種やその欲求認知の相違によって異なってくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android