コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣の裏の珠 コロモノウラノタマ

デジタル大辞泉の解説

衣(ころも)の裏(うら)の珠(たま)

《「法華経」五百弟子受記品に書かれた故事から》過去に大乗教えを授けられたのに忘れてしまって悟れずにいたのが、今釈尊の教えによって悟ることができたというたとえ。また、本来持っていた仏性のたとえ。衣の珠

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころものうらのたま【衣の裏の珠】

〔「法華経五百弟子授記品」にある話から〕
大乗の真実の教えを説かれてもそのありがたみがわからなかった者が、法華経を聞いて悟ることができたというたとえ。衣の珠。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android