衣は骭に至り袖腕に至る(読み)コロモハカンニイタリソデウデニイタル

デジタル大辞泉の解説

衣(ころも)は骭(かん)に至り袖(そで)腕に至る

頼山陽「前兵児謡」から》短い着物を着て、すねと腕をまる出しにしている。剛健な気風をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころもはかんにいたりそでわんにいたる【衣は骭に至り袖腕に至る】

〔頼山陽の「前兵児謡」の句。「骭」は脛すね
短くなった着物を着て、脛と腕とをむきだしにしている。剛健なさまにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ころも【衣】 は 骭(かん)に至(いた)り袖(そで)(うで)に至(いた)

(頼山陽の「前兵児謡」のはじめの句) ゆきたけの短い着物を着て、すねや腕をまる出しにしている。剛健な気風やぶこつなさまのたとえ。
※山陽詩鈔(1833)四・前兵児謡「骭袖至腕、腰間秋水鉄可断、人触斬人、馬触斬馬、十八結交健児社」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android