山陽(読み)さんよう

  • さんよう ‥ヤウ
  • さんよう〔ヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡山県南東部,赤磐市南部の旧町域。砂川中流域にあり,南部と西部で岡山市に接する。 1953年高陽村,西山村の2村と高月村の一部が合体して町制。 2005年赤坂町,熊山町,吉井町と合体し赤磐市となった。開発は古く,備前国分寺の所在地で,低地には条里制遺構が残る。大山道の要衝として開ける。市場も開設され,五日市上市下市の集落名に名残りがある。丘陵部ではモモ,ブドウの栽培が盛ん。中央部に県営の大型住宅団地が建設されるなど岡山市のベッドタウンとなっている。国指定史跡の両宮山古墳備前国分寺跡など上古の遺跡が多い。
山口県南西部,山陽小野田市北部の旧町域。厚狭川下流域にあり,周防灘に臨む。 1956年厚狭町と埴生町が合体して山陽町が発足。 2005年小野田市と合体して山陽小野田市となった。中心集落の厚狭郡家が置かれた古代の政治の中心地で,条里制の遺構がある。 1898年の山陽本線開通後に発展。低い丘陵地と厚狭川流域の沖積平野とからなり,米,野菜,ミカンなどを産する。厚狭川河口付近はノリ養殖が行なわれ,沿岸ではキス,クロダイフグタコなどの漁獲がある。西端の埴生を中心に大規模工業団地が造成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 山の南側。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「『オオストリヤ』と云、〈略〉薩撤国の山陽、拝焉(バイエロン)国の山東に位し」 〔任昉‐答陸知己賦〕
[2]
[一] 中国の漢代、黄河の北岸、現在の河南省焦作市に置かれた県名。〔漢書‐地理志上〕
※蘭東事始(1815)下「漸(やうや)く訳書をも為し、五畿・七道、山陽・南海諸道の人を誘導し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山陽の関連情報