衣片敷く(読み)コロモカタシク

デジタル大辞泉の解説

衣(ころも)片敷(かたし)・く

着物の片袖を敷いて寝る。独り寝をする。
「さむしろに―・き今宵もや我を待つらむ宇治の橋姫」〈古今・恋四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころもかたしく【衣片敷く】

自分の衣だけを敷く。独り寝をする。 「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに-・きひとりかも寝む/新古今 秋下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ころも【衣】 片敷(かたし)

着物の片そでを下に敷く。ひとり寝をすることをいう。
※万葉(8C後)九・一六九二「吾が恋ふる妹は逢はさず玉の浦に衣片敷(ころもかたしき)独りかも寝む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android