表音式仮名遣い(読み)ヒョウオンシキカナヅカイ

大辞林 第三版の解説

ひょうおんしきかなづかい【表音式仮名遣い】

仮名を実際の発音にもっぱら対応させた仮名遣い。現代仮名遣いは現代語の発音に基づく表音式仮名遣いの一種であるが、連濁ならびに連呼音の場合に「ぢ」「づ」を用いる点など、一部に歴史的仮名遣いを残している。発音式仮名遣い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表音式仮名遣いの関連情報