現代仮名遣い(読み)ゲンダイカナヅカイ

デジタル大辞泉の解説

げんだい‐かなづかい〔‐かなづかひ〕【現代仮名遣い】

現在、一般に用いられている仮名遣い。昭和21年(1946)11月16日付けの内閣告示にって急速に普及し、昭和61年(1986)7月1日付けで改定された、内容的に大きな変化はなった。主として現代語の発音に基づいて書き方定めているが、助詞「は」「へ」「を」をもとのまま用いるなど、一部に歴史的仮名遣いによる書き方を残している。新仮名遣い。→歴史的仮名遣い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんだいかなづかい【現代仮名遣い】

1946年(昭和21)11月16日の内閣告示によって公布された仮名遣い。現代国語の口語文を書き表すために、歴史的仮名遣いを現代語の発音に基づいた仮名遣いに近づけることを目指したもの。86年に改定され、新たに内閣告示として公布されたが、その内容はごく一部の変更があっただけで、全体としては、ほぼ従前のものが受け継がれた。新仮名遣い。 ⇔ 歴史的仮名遣い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android