コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代仮名遣い ゲンダイカナヅカイ

デジタル大辞泉の解説

げんだい‐かなづかい〔‐かなづかひ〕【現代仮名遣い】

現在、一般に用いられている仮名遣い。昭和21年(1946)11月16日付けの内閣告示にって急速に普及し、昭和61年(1986)7月1日付けで改定された、内容的に大きな変化はなった。主として現代語の発音に基づいて書き方定めているが、助詞「は」「へ」「を」をもとのまま用いるなど、一部に歴史的仮名遣いによる書き方を残している。新仮名遣い。→歴史的仮名遣い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんだいかなづかい【現代仮名遣い】

1946年(昭和21)11月16日の内閣告示によって公布された仮名遣い。現代国語の口語文を書き表すために、歴史的仮名遣いを現代語の発音に基づいた仮名遣いに近づけることを目指したもの。86年に改定され、新たに内閣告示として公布されたが、その内容はごく一部の変更があっただけで、全体としては、ほぼ従前のものが受け継がれた。新仮名遣い。 ↔ 歴史的仮名遣い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現代仮名遣いの関連キーワード歴史的仮名遣い・歴史的仮名遣頷く・首肯く・肯く差し詰め・差詰め木菟・鴟鵂・角鴟表音式仮名遣い組んず解れつラ行変格活用出突っ張り金田一京助旧仮名遣い四段活用保科孝一中島健蔵五段活用汗水漬く尽くめ拗長音腕尽く額突く常磐津

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現代仮名遣いの関連情報