現代仮名遣い(読み)ゲンダイカナヅカイ

デジタル大辞泉「現代仮名遣い」の解説

げんだい‐かなづかい〔‐かなづかひ〕【現代仮名遣い】

現在、一般に用いられている仮名遣い。昭和21年(1946)11月16日付けの内閣告示にって急速に普及し、昭和61年(1986)7月1日付けで改定された、内容的に大きな変化った。主として現代語の発音に基いて書き方定めているが、助詞「は」「」「を」をもとのまま用いるなど、一部に歴史的仮名遣いによる書き方を残している。新仮名遣い。→歴史的仮名遣い
[類語]仮名遣い歴史的仮名遣い旧仮名遣い新仮名遣い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android