コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖壁 ソデカベ

大辞林 第三版の解説

そでかべ【袖壁】

構造的・防火的な理由から、建物外部に突き出した壁。
二階建て民家の、二階の軒下両側に張り出した壁。猫這い止め、火返しなどともよばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の袖壁の言及

【壁】より

…壁の位置に関する名称としては,このほかに,窓台の高さより下部の腰壁,鴨居の高さより上部の小壁などがある。また,開口部まわりについて,開口部の上部のたれ壁,側部の袖壁などがあり,重層建物においては,上下階の開口部にはさまれる部分をスパンドレルspandrelと呼ぶことがある。
[壁の機能と種類]
 壁の機能は,適切な空間をつくり出すために音や熱,風,雨などのさまざまな因子を遮断したり反射したり,必要に応じ制御することである。…

【台目】より

…台目切のときは中柱を立てることが多い。そして中柱の袖壁の隅に釣棚を設ける。これを台目構えといい,利休が大坂の屋敷につくった三畳台目で初めて試みられたようである。…

※「袖壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袖壁の関連キーワード菅田庵(かんでんあん)孝堂山石祠猫這い止め梲・卯建火返し八窓席ポーチ日よけ今日庵うだつ大和棟建物袋床茶室控壁脇町神殿如庵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖壁の関連情報