コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火 ぼうかfire prevention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防火
ぼうか
fire prevention

火災の発生および拡大を防止すること。火災は,可燃物酸素および着火源の3条件がそろった場合に発生するが,通常の大気中では酸素の遮断による防火はむずかしいので,物体の不燃化と火気の管理が主体となる。建物などでは不燃材料を用いた防火構造または耐火構造とし,着火源の管理をきびしく,危険の多い場所は火気禁止区域とするなど,火の用心を徹底する。万一出火したときは早期にこれを発見して消火し,火災の拡大を防止するため,火災感知器,手持消火器,各種消防設備,消火用水防火壁などの諸設備を設けるほか,定期的に防火訓練を実施するなど,防火対象物の種類,規模などに応じた防火対策が必要である。これらは消防法 (昭和 23年法律 186号) およびその関連法令で規定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐か〔バウクワ〕【防火】

火災の起こるのを防ぐこと。また、引火や延焼を防ぐこと。「防火設備」「防火訓練」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

防火【ぼうか】

火災を防ぐことをいい,広くは,1.火気の管理を行って火災にならないようにする火災予防,2.火事になってもその拡大を防いで火を消す消火,3.外部で発生した火災の燃え移りを防ぐ類焼防止などが含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうか【防火】

〈災〉という文字は川(水)と火とで構成されている。両者は,人間生活を豊かにした反面,人間に自然の厳しさを教えることにもなった。火を利用した暮しは,火災を抑止するくふうを怠っては成り立たない。燃えやすい家で都市を造ると大火でその努力は無駄になるし,火事の対策なしに大規模または高層あるいは地下何階もある建物を造ると大量死の発生も覚悟しなければならない。火を防ぐという内容には次の三つの意味がある。(1)火災予防 火事にならないように火気の管理を十分に行うこと。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうか【防火】

( 名 ) スル
火災の発生や拡大を防ぐこと。 「 -訓練」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の防火の言及

【火事】より

…木材の引火温度は260℃前後,発火温度は450℃前後であるが,炎や熱気により木材が260℃前後に加熱されると,熱分解が盛んになり分解ガス(一酸化炭素ガスCO,水素ガスH2,メタンガスCH4など)が多く放出される。そこで建築防火のほうでは,260℃を木材の〈出火危険温度〉として,防火試験などの基準の一つにしている。最近の室内にはプラスチック製品が多く使用されているが,これらが火災により加熱されると,一酸化炭素ガス,炭酸ガスのほか,塩酸ガス,シアンガスなど有害ガスを発生する。…

※「防火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

防火の関連キーワード防火防災セーフティーマーク防火セーフティーマーク自主点検報告表示制度防火基準適合表示制度防火防災基準点検済証防火地域・準防火地域防火対象物点検資格者乙種防火戸(乙防)防火防災優良認定証複合用途防火対象物防火自主点検済証防火基準点検済証非特定防火対象物防火優良認定証防火シャッター統括防火管理者シャッター新適マーク防火ガラス丸適マーク

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防火の関連情報