コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖扇 ソデオウギ

デジタル大辞泉の解説

そで‐おうぎ〔‐あふぎ〕【袖扇】

江戸時代、奥女中中老以上の者が持つ扇。長さ6寸7分(約20.3センチ)。黒塗りの骨に鳥の子紙をはり、縁起のよい絵を描いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでおうぎ【袖扇】

江戸時代、奥女中の中老以上の者が用いた扇。長さ六寸七分(約20センチメートル)、黒塗りの骨に鳥の子紙を貼った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

袖扇の関連キーワード江戸時代口覆い

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android