コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津乙女 あまつ おとめ

2件 の用語解説(天津乙女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天津乙女 あまつ-おとめ

1905-1980 大正-昭和時代の女優。
明治38年10月9日生まれ。大正7年宝塚少女歌劇団に入団し,翌年「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」で初主役。洋楽のなかに日本舞踊をとりいれた「鏡獅子(かがみじし)」の舞台は有名。昭和23年女性では初の宝塚歌劇団理事となる。昭和55年5月30日死去。74歳。東京出身。本名は鳥居栄子。著作に自伝「清く正しく美しく」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天津乙女
あまつおとめ
(1906―1980)

女優。本名鳥居栄子。1918年(大正7)東京出身として初めて宝塚少女歌劇団に入り、翌1919年早くも『鞍馬天狗(くらまてんぐ)』で主役を務め、以来、死の前年まで舞台に立った。日本舞踊に優れ、6世尾上(おのえ)菊五郎に私淑、6代目譲りの『鏡獅子(かがみじし)』『船弁慶』などを格調を崩すことなく洋楽で上演し、宝塚の日舞の伝統をつくりあげた。1948年(昭和23)女性として初の歌劇団理事となり、1976年には勲四等宝冠章を受けた。自伝に『清く正しく美しく』(1978)がある。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天津乙女の言及

【少女歌劇】より

…プログラムは桃太郎に取材した《ドンブラコ》《浮れ達磨(だるま)》《胡蝶(こちよう)》の3本立,第1期生には高峰妙子,雲井浪子ら16人がいた。当初の目的は宝塚のレジャー施設への客の誘致であったが,4年後には東京にも進出するようになり,帝国劇場に出演,東京でも生徒を募集して,日本舞踊を得意としのちにスターとなった天津乙女(あまつおとめ)(1905‐80)らが入団した。19年に宝塚音楽歌劇学校(校長小林一三)が設立され,劇団の名称も養成会から宝塚少女歌劇団となった。…

※「天津乙女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天津乙女の関連キーワード水谷八重子(初代)東愛子川田芳子鈴木澄子千嘉代子高尾光子常盤操子花柳はるみ伏見直江二葉かほる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天津乙女の関連情報