コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中老 チュウロウ

3件 の用語解説(中老の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ろう〔‐ラウ〕【中老】

50歳ほどの年ごろ。また、その人。
「―の品の好い細君は」〈花袋田舎教師
武家の職名。
㋐鎌倉・室町時代、引付衆(ひきつけしゅう)のこと。
㋑豊臣時代、五大老五奉行の中間にあって政務を行った職。
㋒室町・江戸時代、諸侯の家老の次位にあたる職。
武家の奥女中で、老女の次位にあたる職。
江戸新吉原の妓楼で、内証の雑用をする下男。中郎。
「下の―の人をたのんで呼びにやってくんなんし」〈洒・錦之裏

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうろう【中老】

集団の成員のうち,その運営に発言権をもつ年寄(老(おとな),大人)と若い者の中間に位置し,年寄に次ぐ発言力をもった成員。中年寄。室町時代から,村・町・大名家・幕府などに見られる室町幕府では宿老である評定衆に対して引付衆が中老と呼ばれていた。戦国大名武田氏にも中老の職があったことが《甲陽軍鑑》に見える。豊臣氏では五大老と五奉行の間に三中老(生駒親正中村一氏堀尾吉晴)が置かれたとされるが,職掌は明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうろう【中老】

(四〇歳代を初老とするのに対して)五〇歳過ぎほどの人。
中世後期、農村で指導的な地位にあった農民層の一部をさす。年寄などに次ぐ年長者として、惣の経営・維持に当たった。
近世武家政権において用いられた呼称。豊臣政権末期には五大老・五奉行間を周旋・調停する三人の大名をいい、江戸時代の諸藩では家老とともに政務を統轄する執政官をさす場合がある。
武家の奥女中のうち、老女の次席に当たる者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中老の言及

【宮座】より

…14世紀以降の荘園制の解体と惣庄・惣村((そう))の成立により地縁的な性格を強めた宮座の活動が近畿地方を中心に顕著にみられるようになった。そこでは左座と右座,東座と西座,横座・中座・下座,古座と新座というように重層的な構造をもつものがみられ,また宮座を構成する座衆が若衆,中老,おとな(乙名,老,年寄)という﨟次(ろうじ)により区分される例がみられた。この時期には惣村制を背景に宮座のおとな層が惣村の運営にあたることも多かった。…

※「中老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中老の関連キーワード社会意識父系制母系制エークラス信者発言権ゲスフーテスト暴力団準構成員食生態政策条例

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中老の関連情報