裂創(読み)れっそう

精選版 日本国語大辞典「裂創」の解説

れっ‐そう ‥サウ【裂創】

〘名〙 反対方向への牽引力、またはなどの上の組織に加わった圧迫力により、組織が弾力性以上に伸展した時に起こる外傷
※鑑識捜査(1958)〈遠藤徳貞〉一一「左耳下ははれ上り、裂創があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「裂創」の解説

れっ‐そう〔‐サウ〕【裂創】

裂傷」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の裂創の言及

【傷】より

…皮膚に対して垂直に打ち下ろしたときには,その断面はくさび形であるが,切線方向に作用した場合には弁状割創となるか,あるいはその弁状部も切り落として面状割創となる。創洞内に組織が橋架状に残っていない点が挫裂創と異なる。一般に割創は作用力が強大で,骨折や大血管からの出血を伴うことが多く,組織の挫滅を生じて感染の危険性も大きく,致命的な場合が多い。…

※「裂創」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android