裏へ回る(読み)ウラヘマワル

大辞林 第三版の解説

うらへまわる【裏へ回る】

堂々と振る舞うのではなく、表立たないようにこっそりと行動する。 「 - ・って悪口を言う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うら【裏】 へ 回(まわ)

① 表面に出て堂々とふるまうのではなく、相手の目につかない、隠れた立場に立つ。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「へ廻って卑劣な振舞をするとは」
② 行き過ぎて無益になる。
浄瑠璃・日蓮記児硯(1749)一「御分別が裏へ廻ったと申したは余の義でない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android