コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏急後重 リキュウコウジュウ

2件 の用語解説(裏急後重の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りきゅう‐こうじゅう〔リキフコウヂユウ〕【裏急後重】

渋り腹のこと。しきりに便意を催すのに排便がごく少量で、すぐまた行きたくなる症状。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の裏急後重の言及

【下痢】より

…直腸に強度な炎症(赤痢等)がある際に疼痛を伴った便意が頻繁に起こり,しかも肛門筋肉の痙攣(けいれん)により排出が困難になることがある。これを〈しぶり〉,裏急後重といっている。急性の下痢で発熱を伴うものは細菌感染が考えられる。…

【赤痢】より

…赤痢とは発熱,下腹部痛,粘液・血液を混じた頻回の下痢,しぶりばらtenesmus(裏急後重)を主要症状とする法定伝染病で,主として大腸粘膜の潰瘍性炎症を伴う腸管感染症である。その病原体によって細菌性赤痢とアメーバ赤痢に分類される。…

※「裏急後重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone