コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補償深度 ほしょうしんどcompensation depth

1件 の用語解説(補償深度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補償深度
ほしょうしんど
compensation depth

光合成による有機物の生産と呼吸による有機物の消費が釣り合った水深のこと。一般には,夜間の呼吸も含めた1日の補償深度 (日補償深度) のことを指す。補償深度より浅い所では,光合成による有機物の生産が呼吸による有機物の消費より大きく,深い所では逆になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の補償深度の言及

【湖沼】より

…先に述べたように,水中に透入した太陽光は水深とともに減衰していくので,植物プランクトンが光合成を行えるのは,湖の表層近くの水中に限られ,その下限は水中光度が湖表面の値の1%に低下する深度にあたる。この深度を補償深度といい,それから上の湖表面までの水中では光合成生産が活発に進むので,生産層という。生産層の深さは経験的にほぼ透明度の2.5~3倍の深さにあたる。…

※「補償深度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone