コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補償深度 ほしょうしんど compensation depth

1件 の用語解説(補償深度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補償深度
ほしょうしんど
compensation depth

光合成による有機物の生産と呼吸による有機物の消費が釣り合った水深のこと。一般には,夜間の呼吸も含めた1日の補償深度 (日補償深度) のことを指す。補償深度より浅い所では,光合成による有機物の生産が呼吸による有機物の消費より大きく,深い所では逆になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の補償深度の言及

【湖沼】より

…先に述べたように,水中に透入した太陽光は水深とともに減衰していくので,植物プランクトンが光合成を行えるのは,湖の表層近くの水中に限られ,その下限は水中光度が湖表面の値の1%に低下する深度にあたる。この深度を補償深度といい,それから上の湖表面までの水中では光合成生産が活発に進むので,生産層という。生産層の深さは経験的にほぼ透明度の2.5~3倍の深さにあたる。…

※「補償深度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

補償深度の関連キーワード湖沼型生物生産天然有機化合物有機スズ化合物有機有機体有機物基礎生産化学合成有機栄養生物有機水銀

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone