コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製炭 セイタン

デジタル大辞泉の解説

せい‐たん【製炭】

を製造すること。「製炭業」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいたん【製炭】

木炭をつくること。 「 -業」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の製炭の言及

【炭】より

…木材の熱分解後の固体残渣(ざんさ)のことで木炭ともいう。炭を主目的として木材を炭化することを製炭といい,炭焼きともいう。木炭は炭窯で造られた黒炭,白炭のほかに,乾留でできた乾留炭があり,木材の不完全燃焼でできた残渣の消炭も木炭である。…

※「製炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

製炭の関連キーワード大島(東京都)横大道製鉄遺跡農業動産信用法バーブーダ島絲原 武太郎丹波山(村)高知県大豊町海潮[温泉]緒川[村]川内[村]安曇[村]道志(村)歌津[町]檜原[村]都路[村]小菅(村)楢崎 圭三能登(町)田中長嶺古座川町

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

製炭の関連情報