複素変数関数論(読み)ふくそへんすうかんすうろん(英語表記)theory of function of complex variables

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複素変数関数論
ふくそへんすうかんすうろん
theory of function of complex variables

複素変数 z の複素数値関数 f(z) の微分積分学をいう。単に複素関数論と呼ぶこともある。その発展と応用は複素解析学と呼ばれる。複素関数の組織的研究を始めたのは,フランスの A.コーシーである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android